中医学で、筋肉を引き締め、スリムに

中国伝統医学(TCM)または中医学と呼ばれる中国の医療科学の起源は、世界最古の医学書と呼ばれている『黄帝内経』が編纂された2千5百年以上も前にさかのぼります。この古典医書は、健康を改善し維持するための様々なメソッドを網羅しており、鍼灸、マッサージ、軽い運動、栄養のガイドラインが含まれています。人間の営みを全体的に捉えるホリスティックなアプローチは、自然が与える影響も考慮されています。

定期的に運動し、バランスの取れた食事をとっているにもかかわらず、なかなか筋肉が引き締まらず悩んでいらっしゃいませんか?一方で、ほとんど食事や運動に気を使っていなくても、手足の運動機能は良好で、筋肉が引き締まっているという方もいます。中医学は、この矛盾に説明することができ、さらに筋力低下を改善できる可能性を秘めています。

中医学では、筋肉は「気」(体内を循環する生命エネルギー)に関連しています。気は、各細胞の代謝を促進し、筋肉を養います。筋肉は「肝」と「脾」の気の影響を受けます。平たく言えば、肝の気が強ければ、強い筋肉を持っているといえます。逆に肝のバランスを崩すと、筋腱が弱くなります。原因がわからない片頭痛、頭痛、ホルモンの乱れに悩んでいる方は、気の流れが弱くなっている可能性があります。また、脾の気が強くなれば、筋肉が強くなり、消化器系が改善され、細胞内の代謝も改善されます。

中医学は、下記のエビデンスベースのメソッドを活用して、痩身と筋肉の引き締めを図ります。

1.筋肉へ直接働きかける鍼療法 ‐ 鍼療法は、痛みやコリをほぐすだけでなく、筋肉と神経の回復を助けます。カッピングが同様の効果をもたらす場合もあります。

2.マッサージ ‐ 中医学の理論に基づくマッサージは、筋肉を温め引き締めます。さらに、生命エネルギー「気」のバランスを整えます。

3.軽い運動 ‐ 気功や太極拳などの穏やかな動きの運動は、日常の生活ではほとんど使用しない小さな筋肉に働きかけ、筋肉機能の回復を図る素晴らしい方法です。また、「動きながら行う瞑想」とも呼ばれており、気のバランスも整えます。気功や太極拳を続けることで、痩身などの様々な効果を得られるでしょう。

最後に、中医学に興味を持っていただいた読者の皆さまに感謝申し上げます。私は、中医学の医師の使命として、中国の伝統医学の知恵が失われないよう伝え続けていきたいと考えています。現代に於いて伝統的な方法を見つけ実践することが難しい場合がありますが、シンプルで、自然の原則に基づく効果的な療法を知らずに人生を送るのは非常にもったいないことです。

ドクター・ガイ