ショックウェーブ療法が 慢性筋肉痛に効果的なワケ

トリガーポイントは、慢性的な首や背中の痛みを引き起こしている主な原因であり、特に筋肉の中に出現するよくある症状です。背中の痛みの85%、首の痛みと頭痛の約55%が、筋筋膜痛(慢性筋肉痛障害)によって引き起こされます。筋筋膜痛症候群の治療は、通常トリガーポイントに適切な圧を加える手技から始まります。筋肉の異常収縮を解消し、正常な筋肉繊維の長さに延ばし回復を図ります。筋筋膜痛症候群に非常に有効な拡散型ショックウェーブ療法(RSWT)は、筋肉の異常収縮を解消するためにトリガーポイントに圧を加える手技を再現しているとも言えるでしょう。再発を防止するためには、損傷した筋肉への反復的なストレスを避けることが重要であり、日常の活動における人間工学的変化による改善を図ることが望ましいです。

ショックウェーブ療法のメリット

‐治癒力の加速

‐軟組織周囲の血流の改善

適切に行われる限り、拡散型ショックウェーブ療法の副作用のリスクはほとんどありません。

‐皮膚の赤み

‐治療中および治療後の痛みや不快感(麻酔は不要)

これらの機器関連の非重篤でない副作用は、通常、治療後36時間以内に消えます。