HIITがダイエットに役立つワケ

高強度インターバルトレーニング「HIIT(ヒット)」は、中強度~強度の急激な運動と短い回復期間を交互に限界まで行うトレーニング方法です。1回のHIIT トレーニングは、通常10分~30分ほどです。トレーニング時間が短いにもかかわらず、健康へのベネフィットは大きく、通常のエクササイズの2倍の効果が期待できると言われている注目のダイエット法です。その理由は、

“HIITは短時間で多くのカロリーを消費することができるから”

理学療法の専門誌『Journal of Physiology』に、HIIT、ウェイトトレーニング、ランニング、サイクリングの30分間に消費されたカロリーを比較した研究が発表されました。研究者たちが比較した結果、HIITが他の運動方法よりも25〜30%多くカロリーを消費したことが分かりました。この他、HIITはわずか15分間で、トレッドミル1時間よりも多くのカロリーを消費することを示す研究結果もあります!

“HIITは代謝を促進します”

アメリカスポーツ医学会は、HIITは、一般的なトレーニングよりも多くの酸素を摂取するのに役立つと発表しています。HIITセッション後、過剰酸素摂取量が代謝率が高まった状態を約90分から約144分に延ばすことを助けます。つまり、HIITによる代謝の促進が、より多くのカロリーをより速く消費させることにつながります。

“高まった代謝率が運動後のカロリー消費量を増やします”

複数の研究が、運動後何時間も代謝率が高まった状態が続くという、HIITの素晴らしい効果を実証しています。また、HIITによって、身体の代謝が炭水化物よりも脂肪をエネルギーのために消費するようになることも発見されています。これは、体がHIITの24時間後もまだカロリーと脂肪を燃焼していることを意味します!

“エネルギーの有効利用”

HIITの高負荷の運動と短い休憩を繰り返すサイクルにより、体が体内のエネルギーシステムをいかに効率的に使うかを学びます。さらに、短い休憩の間に筋肉から有害な老廃物を排出することを助け、より効率的な呼吸をサポートします。

“HIITは心臓によい運動です”

極限のトレーニングが、最大の結果を生み出すとよく言われます。しかし、息を切らし心臓のドキドキがどんどん速くなっていくのを感じる“きつい状態”に、自分自身を追い込むことは難しいのものです。インターバルトレーニングでは、限界に到達したすぐ後に休憩があるので、より簡単に限界まで追い込むことができます。これは、健康な心臓を保ち、血液を効率的に全身に巡らせることにも役立ちます。

さて、これまでお読みいただいて、HIITのトレーニング法をぜひ試してみたいと思われた方は、先ず最初にご自身のフィットネスレベルをチェックしてください。フィットネスレベルに合わせた負荷から開始し、徐々に負荷を増やしていくことで、けがを予防できます。さあ、トレーニングを楽しみましょう!