筋肉を作る7つの食べ物

ジムに頻繁に通ったり、激しいウェイトトレーニングを受けたりすることで、筋肉量を劇的に増やせると思いますか?それは、間違いです!筋肉に栄養を与えることの方がはるかに重要であり、トレーニングの最終的な成果を決定づけます。筋肉にとって最も重要な主要栄養素はタンパク質です。タンパク質に含まれているアミノ酸が、損傷した筋繊維を修復し、さらに成長を助けます。同時に、トレーニング中に燃焼するエネルギーのために、適切な種類の炭水化物を食事に含めるとよいでしょう。さあ、プロ並みの筋肉を構築し、脂肪を燃やす準備はできましたか? 下記の7つのヘルシーフードを食事に取り入れることでスタートできます!

  1. 鶏肉

赤身の肉よりも脂肪分が少ない鶏肉は、トレーニング後に摂取するタンパク質として最適です。

2. 豆類

低脂肪で美味しい豆類は、動物性食品以外から十分な量のタンパク質を摂取したい人にとって、最適な代替食品です。

3. 卵白

タンパク質が豊富な卵は、適量を守れば、素晴らしい朝食を作る材料になります。大量の脂肪が含まれている黄身の部分をさけて、卵白だけを使用した方が良いでしょう。

4. 鮭

鮭は、タンパク質の優れた供給源であることに加えて、筋肉の分解を抑制し、心臓の健康増進を助けるオメガ3脂肪酸を豊富に含んでいます。

5. 全粒穀物

炭水化物は素晴らしいエネルギー源であり、食事に含まれるべきです。加工された白い炭水化物を避けて、全粒穀物のみを摂取するようにしてください。全粒穀物は、満腹感をより長く持続させ、体がより早く食物を処理し、代謝することを助けます。

6. オーガニック牛乳

牛乳にはホエーとカゼインの両方が含まれており、アミノ酸の一種であるグルタミンが豊富です。オメガ3脂肪酸の優れた供給源でもあります。 

7. りんご

りんごに含まれる特定のポリフェノールは、筋力を強化し、筋肉疲労の予防に役立ちます。りんごに含まれるポリフェノールが脂肪の燃焼を高めることを示す研究結果も報告されています。トレーニング前の炭水化物の供給源として、リンゴを食べることは良い考えです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です